卒業生インタビュー

ANAエアラインスクールを卒業し、キャビンアテンダント・グランドスタッフ・グランドハンドリングスタッフへの道を歩み始めた卒業生に、
スクールで学んだことなどをインタビューしました。

鈴木 洸さん
ANA成田エアポートサービス
グランドスタッフ
(麗澤大学)
伊奈 沙織さん
ANA成田エアポートサービス
グランドスタッフ
(白百合女子大学)
笹田 晴香さん
ANAキャビンアテンダント
(東洋英和女学院大学)
荻野 萌さん
ANA成田エアポートサービス
グランドハンドリングスタッフ
(麗澤大学)
齋藤 瞳さん
ANAキャビンアテンダント
(法政大学)
荒井 希望さん
ANAエアポートサービス
グランドハンドリングスタッフ
(亜細亜大学)

スクールを知ったきっかけと、入講を決めた理由を教えてください。

エアライン業界について一から学びたい

笹田さん:
エアライン業界の就職情報誌に掲載されていた広告を見て、ANAエアラインスクールを知りました。
実際に現場で働いている方が講師だったことや、空港での実務体験もできることから、エアライン業界について一から学べると思い、受講を決めました。
荻野さん:
大学で開催されていたANAエアラインスクールの説明会に参加したことがきっかけです。
その説明会でグランドハンドリングスタッフという職業を知り、目指したいと思い、受講を決めました。

スクールで学んでから変化したことや、採用選考で役に立ったことは?

安全に対する意識を強く持つようになった

齋藤さん:
スクールを通じて、キャビンアテンダントという職業に対する認識が変化したと思います。キャビンアテンダントは、お客様が機内で快適に過ごせるようなサービスを行なうだけでなく、安全に目的地までお届けするための「保安要員」として機内安全を守っているのだと強く感じるようになりました。スクールを通して、安全に対する意識を強く持つようになりましたし、採用選考においても、サービス面だけでなくお客様を安全に目的地までお届けする、というキャビンアテンダントとしての強い覚悟をアピールすることができました。
荒井さん:
スクールに通うまでは、グランドハンドリングスタッフへの漠然とした憧れしか持っておらず、具体的な将来設計などを考えるに至っていませんでした。しかし、スクールでの空港実務体験を通して、グランドハンドリングスタッフの良い面だけでなく、大変な部分も経験し、採用選考ではより強い意志とスクールでの実務体験による具体的なアピールをすることができたと感じています。

スクールの仲間との交流や学んだことは?

「仲間と一緒に夢を叶える」

伊奈さん:
私はキャビンアテンダントコースやグランドスタッフ講座だけでなく、グランドハンドリング講座も受講していましたので、スクールの仲間と話すことで、「なぜグランドスタッフになりたいのか」という自分の気持ちを明確に伝えることができるようになったと感じています。また、スクールの仲間と採用選考前の不安な気持ちを互いに共有し励まし合うことができたので、孤独を感じず、「みんなで一緒に夢を叶える」という強い気持ちを持つことができたと感じています。
鈴木さん:
私はスクールで出会った仲間とより多くの情報交換ができたことが、とても大きな財産になりました。身だしなみや礼儀作法などでは、客観的な意見を聞くことができ、採用選考前にはどういった質問があったか、どういった雰囲気だったかなど、仲間と一緒に面接対策をすることで選考に向けて具体的なイメージができました。それが自信につながったと感じています。

グランドスタッフ講座の印象は?

グループディスカッションを通して視野が広がった

伊奈さん:
グランドスタッフ講座の受講生は「全員で乗り越えよう!」という意識が、とても強いと感じました。授業では、ビデオを見ながらグランドスタッフの対応について学ぶのですが、「どのような対応をしたら、お客様に快適にご利用いただけるのか」をグループで話し合う中で、自分とは違う意見や気づかなかった点など、新しい考え方をたくさん聞くことができました。それによって、自分自身の考えが深まり、視野を広げることができたと思います。
鈴木さん:
私は、空港実務体験を通じて、現場で実際にお客様と接することができたことはもちろん、現場の適度な緊張感を味わうことができました。また、「やるべきことはやる」「学んだことをきちんと活かす」と講師の方から教わったことで、仲間と業務にあたる際、和気あいあいとした雰囲気の中でもメリハリを意識することができ、自分自身の成長につながったと感じています。

グランドハンドリング講座を受講した感想は?

グランドハンドリングスタッフの熱い想いを感じ、自分もその中に加わりたいと強く感じた

荻野さん:
実務体験では、一般の人が入れない手荷物仕分け場、ランプ(駐機場)内に入り、実際に見て学ぶことができました。現場を見てみると「私はここで働けるのかな」という責任感で押しつぶされそうになったのですが、現役スタッフの方がグランドハンドリングの魅力を伝えてくださり、また親身に相談に乗ってくださったおかげで不安を乗り越えることができました。この実務体験を通して、夢に向かって頑張ろうと、さらに気持ちを高めることができました。
荒井さん:
グランドハンドリング講座では、「一つひとつ不安要素を丁寧に取り除くことで、飛行機が定刻通りに飛ぶことができる」ということ、そして「定刻通りに飛行機を飛ばすために、どのようなことをすべきか、何ができるか」をスタッフ全員が考え、動いているということを学びました。また、講座を通して、現役のグランドハンドリングスタッフの熱い想いを感じ、自分もその中に加わりたいと強く感じました。

空港実務体験で学んだことは?

仕事の厳しさや臨機応変な対応の必要性を学んだ

笹田さん:
空港実務体験は、実際に働いているスタッフの方々に同行しながら現場の様子を見るだけだと思っていました。しかし、実際の実務体験では、遅延便のお客様対応を求められる場面もありました。ただ、目で見て学ぶだけでなく、実際に体験することで、仕事の厳しさや臨機応変な対応の必要性など、座学では知ることができない多くのことを学ぶことができました。
鈴木さん:
空港実務体験では、「研修、がんばってね」と、お客様から優しいお声をいただくこともありました。自分自身が、空港実務体験に備えて準備に時間をかけた分、お客様からいただいた「ありがとう」という言葉はとてもうれしく、グランドスタッフを目指す気持ちがより一層強くなりました。

学内講座の印象は?

身近な場所で同じ夢を持つ仲間と出会えて、心強く感じた

鈴木さん:
学内ということもあり、顔見知りが多いので安心して講座を受けることができました。通常の大学で行われる講義とは違い、受講者全員がエアライン業界を目指しています。また、講師は現役のスタッフの方なので、適度な緊張感の中で真剣に取り組むことができました。
荻野さん:
大学にエアライン業界を目指す人がどのくらいいるのか知りませんでしたが、学内講座を受けることで、鈴木さんをはじめ同じ夢を持つ仲間と出会うことができました。スクールの中だけでなく、学内にも少数ながらも仲間がいることで、情報共有もしやすく、お互いに不安な時に励まし合うことができ、安心して採用選考に挑むことができました。自分の夢を叶えるための知識や経験を得ることができたのはもちろんですが、身近な場所で同じ夢を持つ仲間と出会えたことが、とてもうれしく、心強く感じました。

ベーシックコースから、アドバンスコースへ進級を決めた、きっかけや理由は?

ベーシックコースで学んだことをより深めたかった

齋藤さん:
ベーシックコースで学んだことをより深めていきたいと思いアドバンスコースに進むことを決めました。アドバンスコースでは、自分の夢に対する強い意志を持った仲間がいて、自分を磨くための環境が整っていると感じました。
アドバンスコースでは、面接練習がとても多いため、きちんと自己分析をしなくてはなりません。毎日自分と向き合うことが求められ、自分の夢や想いに対して、一つひとつ突き詰めていかなければならなかったので大変でしたが、その結果、採用選考では自信を持って自分をアピールすることができたと思います。
私は、大学の講義とスクール、そしてアルバイトを両立していましたが、スクールでは自分のスケジュールに合わせて授業を組むことができ、各講座は前回の復習から始まるため、安心して講座に集中することができました。

オプショナル講座を受講した理由、感想は?

個人面接・グループ面接と本番に近い環境での練習に魅力を感じた

【英語基礎力強化講座・TOEIC600点対策講座】

笹田さん:
TOEICのスコアが低く、キャビンアテンダントの応募要件に至っていなかったため、危機感を抱き、TOEIC講座の受講を決めました。課題が多く出されるため大変でしたが、スコアが200点以上アップし目標を達成することができました。

【採用選考直前対策講座】

荒井さん:
採用選考直前対策講座では、本番の面接に近い環境で採用面接の練習をすることができました。個人面接の練習はもちろん、グループ面接の練習もできたので、本番では良い緊張感を保ちつつ、リラックスして受けることができたと感じています。

内定者座談会(ソラカフェ)で印象に残ったことは?

実際に夢を叶えた先輩との会話で仕事のイメージが膨らんだ

伊奈さん:
ソラカフェでは、実際にANAグループで働いている先輩とお話しすることで、イメージをしっかりと持つことができました。
鈴木さん:
ソラカフェでは、先輩からエントリーシートの書き方についてアドバイスをいただきました。

スクール生限定の会社説明会の印象、実際に採用選考で役立ったことは?

気になっていることを気軽に聞けた

齋藤さん:
各地で行われている大規模な会社説明会では質疑応答の時間が限られ、なかなか詳しい情報を聞くことができませんでした。しかし、スクール生限定の会社説明会は規模が小さいことに加え、参加者がスクール生限定だったため気になっていることを気軽に聞くことができました。
鈴木さん:
スクール生限定の会社説明会では、全国のANAグループの空港事業会社の説明会があり、各空港の特色や現場の雰囲気を詳しく聞くことができました。また、スクール生限定の会社説明会で質問したことで、合同説明会などの大規模な会社説明会でも、緊張することなく質問できるようになりました。

どんなキャビンアテンダント、グランドスタッフ、グランドハンドリングスタッフに
なりたいですか?

「ANAをまた利用したい」と思っていただけるようなスタッフになりたい

笹田さん:
私は、ご利用いただくすべてのお客様に信頼されるキャビンアテンダントになりたいと思います。キャビンアテンダントとして必要な知識やスキルを身につけることで心に余裕を持ち、信頼されるキャビンアテンダントを目指していきたいです。
伊奈さん:
私は、お客様の安心材料となれるようなグランドスタッフになりたいです。以前、一人で空港を利用した際に、迷子になっていた私を助けてくださったのがグランドスタッフの方でした。その方の丁寧な対応と優しい笑顔はとても心強く、安心して飛行機に乗ることができたのを覚えています。その経験から、お客様に安心してご利用いただけるようなグランドスタッフを目指し、日々スキルアップに励んでいきたいと思います。
荻野さん:
私は、お客様はもちろん、仲間に信頼され、ANAグループに貢献できるようなグランドハンドリングスタッフになりたいと思います。お客様と直接関わりを持つことはありませんが、自分たちの仕事がお客様の安心へつながると考えています。そのために、作業の一つひとつを丁寧かつ正確に行うことで、お客様に「ANAをまた利用したい」と思っていただけるようなグランドハンドリングスタッフになりたいと思います。

卒業生からのメッセージ

仲間と一緒に夢を目指してほしい

笹田さん:
エアライン業界を目指す上で、「具体的に何をしたらいいのだろう?」と不安に思うことも多いと思います。それは、「どうしてキャビンアテンダントになりたいのだろう」「どうしてエアライン業界なんだろう」という基本的なことを毎日考え、出た答えを講師の方や仲間たちと話すことで明確になります。不安なときもつらいときも、スクールで出会った仲間が支えてくれるので、安心して自分の夢を目指してくださいね。
齋藤さん:
就職活動中は一人で不安なことが多いと思いますが、スクールには支えてくれる講師の方や一緒に頑張る仲間がいるので、孤独を感じることはありません。仲間と一緒に、自分の軸を強く持って夢を叶えてくださいね。応援しています!
伊奈さん:
エアライン業界を目指す仲間と一緒に夢を目指すことができるのは、とても貴重な環境だと思います。自分が不安になった時も、周りの仲間たちが頑張る姿を見て励まされ、就職活動に自信を持って取り組むことができます。ぜひ、ANAエアラインスクールで自信をつけて、夢に向かって頑張ってください!
鈴木さん:
ANAエアラインスクールでは、エアライン業界で必要な知識だけでなく、身だしなみや礼儀作法など、社会で通用するスキルも身につけることができます。就職活動で不安なことがあると思いますが、スクールで学びやりきることで、自信につながります。応援しています!
荻野さん:
自己分析や企業研究など大変だと思いますが、私が就職活動に取り組むうえで大切にしていたことは「自分の好きなことをやること」です。私は、大学3年生で初めて「グランドハンドリングスタッフ」の存在を知り、目指そうと決めました。大学では、海外でボランティア活動をしていましたが、私のやりたいことは「誰かを助け、支えること」です。グランドハンドリングの仕事は、ボランティアの精神と似ていると感じました。自分たちが、縁の下の力持ちとして正確な仕事をすることが、お客様の安心につながります。
私はANAエアラインスクールで学び経験を積むことで、夢を掴むことができました。みなさんもぜひ、自分のやりたいこと・好きなことを大切にして、夢の実現に向けてがんばってくださいね!
荒井さん:
ANAエアラインスクールには、エアライン業界を目指す仲間がたくさんいます。大学では出会うことのなかった仲間と一緒にがんばることで、不安な気持ちを持つこともなく、採用選考に臨むことができました。一人でがんばるのはとても大変なことです。ANAエアラインスクールで、仲間や講師の方々と一緒に、夢を叶えましょう!応援しています!
津田 菜波さん
ANAキャビンアテンダント
(神戸学院大学)
松永 晴加さん
ANA大阪空港 グランドスタッフ
(近畿大学)
廣野 悦子さん
ANAウイングス キャビンアテンダント
(関西外国語大学)
嶋﨑 玲華さん
ANA関西空港 グランドスタッフ
(関西外国語大学)
太田 実菜美さん
ANAキャビンアテンダント
(関西大学)

スクールを知ったきっかけと、入講を決めた理由を教えてください。

私もこんな女性になりたい!そう思った

太田さん:
私は、エアライン業界への就職を目指す人向けの情報誌で知り、説明会に参加しました。他のエアラインスクールとは異なり、自分自身に向き合ってスキルを上げていく、成長していける印象を強くもち、ぜひ通いたい!と思いました。
廣野さん:
説明会に参加したとき、現役のキャビンアテンダント講師の方を見て、純粋に「私もこんな女性になりたい!」と思ったことがきっかけです。また大学生の私にとって、キャビンアテンダントは日常生活では関わることのない少し遠い存在でしたが、スクールに通い現役キャビンアテンダントの方から直接学ばせていただくことで、少しでも夢に近づけると思ったからです。
嶋﨑さん:
グランドスタッフを志望していたので、大学で開催された説明会に参加しました。空港で実務体験ができたり、採用模擬面接ができたりと、充実したプログラムに惹かれました。

スクールで学んでから変化したことや、採用選考で役に立ったことは?

多彩なプログラムを通じて「自分の軸」を発見

津田さん:
ダイバーシティーやユニバーサルコミュニケーション、グローバルコミュニケーションについて学んだことで、物事を多角度から考えられるようになりました。例えば、以前はアルバイトにおいても、「こうしなければならない!」と枠にはまった考え方しかできないこともありましたが、柔軟に対応できるようになったと思います。
太田さん:
ディスカッションのクラスなどを通じて、自分の思いを表現する機会がたくさんあるのが特長。多彩なワークを通じて自分の「軸」を見つけることができました。採用面接では、本当に自分が伝えたいことを言葉にできたと思います。
松永さん:
同じ思いをもつスクール生は、みなさん積極的。そんな姿勢に刺激を受けて、私も自主的に行動するようになりました。将来グランドスタッフとして働く時に役立てたいと、英語はもちろん、韓国語の勉強も始めました。

スクールの仲間との交流や学んだことは?

良い面も悪い面も言い合える心強い存在

津田さん:
授業中、お互いに良い面も悪い面も指摘しあっていく中で、絆が深まりました。受講時はもちろん、選考中で不安になったときは、お互いに励まし合えたのも、とても心強かったです。スクールでできた仲間が、これからは同じ航空業界の同期として働けることもうれしいです。
太田さん:
授業を通じてたくさんの仲間と出会えます。本番の面接でも仲間がたくさん。「一緒に頑張ろうね!」と励まし合ったり、「ファイト!」とジェスチャーで送ったりすることで緊張がほぐれました。

グランドスタッフ講座の印象は?

相手の立場に立って行動することの大切さを実感

松永さん:
グループごとで映像を見ながら、お客様にどのようなお声がけをするか話し合う授業では、人それぞれ見方が違っていて「こんな考え方もあるんだ!」と驚きの連続。視野が広がり、これからの人生の役に立つと実感しました!
嶋﨑さん:
お客様の立場になって行動することは、グランドスタッフにとって非常に大切だと感じました。

空港実務体験で学んだことは?

現場を体験して、働くことがリアルに

津田さん:
私は神戸空港で実務体験を受講しました。飛行機を飛ばすために、たくさんの職種の方が関わっていることが分かり、その方たちの仕事を間近で見られたことは、とっても良い経験となりました。また車椅子ケアやアナウンス体験では、お客様がどう受け取られるか、感じられるのかを想像しながら取り組むことが想像以上に難しかったです。
嶋﨑さん:
私は関西空港で実務体験をしました。搭乗予定のお客様の捜索を行う体験では、大きな空港なので思った以上に大きな声を出さないといけないのだと実感しました。さらに頭ではわかっていたものの、グランドスタッフの仕事は、本当に体力が必要だと改めて感じました。働くことをリアルに感じられる、とても貴重な体験でした。
松永さん:
私は伊丹空港で、実際にカウンターに立ってお客様にお声がけをしました。初めて空港をご利用の方や慣れていらっしゃる方など、お一人おひとりに合わせて対応していくのがとても難しかったです。

学内講座の印象は?

普段の講義と同じ感覚で、スムーズに受講できます

廣野さん:
通い慣れた大学での受講だったので、和気あいあいとしていました。ベーシックコース(学内講座)に続けて受講したアドバンスコースは、大阪校に通いましたが、学内講座で一緒に学んだ仲間と受講したので、いつでも相談できてとても心強かったです。
松永さん:
同じ大学に通っていても今まで知らなかった同級生や、一学年下の方と、学内講座を通じて友人になれて、交流の幅が広がりました。

ベーシックコースから、アドバンスコースへ進級を決めた理由は?

自分の想いを、自分の言葉でもっと表現したい

太田さん:
ベーシックコースで社会人としての基礎を習得できたので、次は自分の想いをいかに表現していくかを学びたいと思い、すぐにアドバンスコースに進むことを決めました。
津田さん:
ベーシックコース受講後、留学やインターンシップを体験しました。そこでもスクールで学んだ社会人としての基礎を活かせたと実感しました。航空業界への興味が一層深まったので、アドバンスコースでもっと学びたいと思い受講を決めました。

アドバンスコースで学んだことは?

時間をかけて「本当に伝えたいこと」を見つけられた

嶋﨑さん:
私は大学3年生の春にアドバンスコースを受けました。就活が本格的に始まる前だったので、自分を見つめ直すことができて、これから何を練習すれば夢を叶えることができるか考え直せるいい機会となりました。
廣野さん:
採用面接に向けて、「自分は何を伝えたいのか」葛藤していました。そんな時、スクールの講師の方が何度も面談を実施してくださいました。個性を引き出してくださったおかげで、「私は面接でこれを伝えたい!」と思える、自分の軸を見つけることができました。

採用選考直前対策講座を受講した理由、感想は?

経験豊富な先生からのアドバイスをもらえる

太田さん:
本番まであと10日…。これまでに取り組んできたことを、的確に伝えられるか練習したいという思いで受講しました。面接官から褒められたことは自信に。アドバイスは課題となり、本番は堂々と自信を持ってのぞむことができました!
松永さん:
それまで面接練習をしたことがなかったため、採用選考の直前に練習をしておきたいと受講しました。面接官からフィードバックしていただいた内容が、本番の選考にとても役に立ちました。

内定者座談会(ソラカフェ)で印象に残ったことは?

就活の疑問を気軽に質問できる

津田さん:
何から就活を始めるべきなのか分からなかったのですが、先輩方にスクールのこと、選考の様子など気軽に質問できたので、疑問や不安を減らし、就活をする自分をイメージできて、これからの道筋を見つけることができました。先輩方の熱いお話を聞いて、もっと頑張らねば!と身が引き締まる思いでいたことを覚えています。
廣野さん:
先輩方は皆さん本当にイキイキとされていたのが印象的でした。一方で、就活の時期やスケジュールを教えていただいたので、自ら目標を立てて計画的に就活に取り組むことができました。

スクール生限定の会社説明会の印象や、実際に採用選考で役立ったことは?

企業研究に役立ちました

松永さん:
積極的に質問をしている受講生が多く、刺激を受けました。私は伊丹空港の会社説明会に3回行きましたが、それぞれ異なった話が聞けたのも、企業研究を進めるなかでとても役立ちました。

どんなキャビンアテンダント・グランドスタッフになりたいですか?

今の自分に満足しない、これが私の目標

太田さん:
今の自分に満足しないキャビンアテンダントが、私の目標。新しいこと・知らないことにどんどんトライして、自分のスキルを上げていきたいです。
廣野さん:
私はANAグループらしさを体現できるキャビンアテンダントになりたいです。それはANAグループが大好きだという気持ちを大切にすることで、プロ意識を高めることができると思うからです。その気持ちがお客様に伝わり、「やっぱりANAの空の旅はいいな」と少しでも感じていただければ幸せです。
嶋﨑さん:
どんな問題でも仲間と協力し合い、解決できるグランドスタッフになりたいです。またいくつになっても初心を忘れず、学び続けていきたいです。

卒業生からのメッセージ

「小さな一歩」を今日からでも積み重ねて夢へ近づこう。

津田さん:
就活は「準備」と「行動」が大切です。特にエアライン業界を志望される学生は、皆さんしっかりと取り組んでいる方ばかり。スクールに通うことで、たくさんの情報が得られますし、学べる幅がぐんと広がります。もし迷っているのであれば一度足を運んでみてほしいと思います。
太田さん:
自分自身と向き合うことで、就活の時だけではなく、これからの自分の人生の「軸」を見つけられたと思います。「私ってどんな人?」と迷っている方の助けになると思うので、ぜひ一歩踏み出して挑戦してみてください。
廣野さん:
就活の恐怖心や不安を少しでも和らげるには「小さな一歩」を積み重ねていくことが大切です。日々のその小さな努力が自信につながり、ご自身の背中を押してくれることは間違いありません。本気で夢に向かって頑張る皆さんを心から応援しています。
松永さん:
スクールで出会う仲間には、一学年下の方もいましたが、仲間からの刺激が励みとなりました。一生モノとなる素敵な仲間との出会いも、私にとっては財産です。
嶋﨑さん:
準備をすることで不安は解消され、自信につながることをスクールで学びました。短い就活の期間でどれだけ本気になれるかが大切。みなさんも夢に向かって頑張って欲しいと思います。

受講に関するご質問はこちら

お電話でのお問い合わせ
03-6700-0707
受付時間:9:00~17:00 (土・日・祝・年末年始除く)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせ
  • Travel&Life
  • ANA大阪航空株式会社
  • ANA CARD マイルプラス
  • 人とビジネスに。ANAの解決力。ANAビジネスソリューション株式会社
  • ANAビジネスソリューションの人材派遣・転職支援サイト 広げよう、可能性の翼。
  • ソラミテ