卒業生インタビュー

ANAエアラインスクールを卒業し、キャビンアテンダント・グランドスタッフへの道を歩み始めた卒業生に、
スクールで学んだことなどをインタビューしました。

木村 美菜さん
ANAキャビンアテンダント
(千葉大学)
岩村 真理子さん
ANAキャビンアテンダント
(日本大学)
守屋 咲良さん
ANAキャビンアテンダント
(上智大学)
手島 安里沙さん
ANAキャビンアテンダント
(学習院大学)
遠藤 瑛莉さん
ANAキャビンアテンダント
(ホスピタリティツーリズム専門学校)

スクールの受講を決めたきっかけは何ですか?

もっと言葉遣いや立ち居振る舞いについて学びたい

木村さん:
大学ではずっと理系の勉強をしていたのですが、就職活動を機に漠然とキャビンアテンダントになりたいと思い始めました。しかし、「今からでも目指せるものなのだろうか」と不安な気持ちで迷っていました。
そんな時に知人からANAエアラインスクールのことを教えていただいて、「今からここで頑張って、他の人に追いつかないと」と思ったのがきっかけです。
手島さん:
昨年、ANAの新卒採用試験を受けたのですが、内定をいただくことはできませんでした。「今後どうしようか……」と悩んでいた時にこのANAエアラインスクールを知り、これを機にもう一度頑張りたいと思って、入校を決めました。
遠藤さん:
私は、すでに就職をして働いていたのですが、エアライン業界に就職する夢をあきらめきれず、退職をして観光・サービス業を目指すための専門学校に入学しました。勉強していくうちに、「もっと言葉遣いや立ち振る舞いについて学びたい」と思い、ANAエアラインスクールを知りました。
見学会に参加した時には、受講生の皆さんがとてもいきいきしていたこと、講師の方の美しい所作に感動したのをよく覚えています。

(スクールに通ってみて)講師の方の印象はいかがでしたか?

「私もこんなCAになりたい」と思える、憧れの存在でした

岩村さん:
講師方はいつもみんなをよく見てくれていると感じました。
授業以外でも定期的に1対1でお話をさせていただく機会があり、うまくいかないことや悩んでいることがあった時に親身になって聞いてくださり、とても心強いなと感じました。
守屋さん:
初めてお会いした時、言葉遣いがとてもきれいで感動しました。
毎回講師方にお会いする度に、「私もこんなキャビンアテンダントになりたい」と思える、憧れの存在でした。
木村さん:
講師方は、言葉遣いや立ち振る舞いが美しいのはもちろんですが、厳しく接してくださったことも印象に残っています。一人ひとりの目を見て真剣にお話をしてくださるので、厳しい言葉でも一つひとつに愛を感じ、真摯に受けとめることができました。

授業の雰囲気はどうでしたか?

“ひとつの授業を作り上げていく”という印象

手島さん:
みんながいるからこそ成り立つという、全体を通して温かい雰囲気の授業だと感じました。
大学では、じっと座って話を聞くばかりの“受け身の授業”が多かったのですが、ANAのスクールではみんなで意見を出し合いながら“ひとつの授業を作り上げていく”という印象でした。
遠藤さん:
私は毎回とても刺激を受けていた記憶があります。
毎週プログラムを受けて、次の週には課題が出ました。
自分の考えを発表し、同期生の発表に対する自分の考えや意見を求められる場が多かったので、表現力や感性を磨くことができました。
みんながお互いに刺激し合える、いい雰囲気だったと感じています。

スクールに通う中で自分自身が変わったことはどんなことですか?

社会人としての仕事に対する責任についても自分なりに考えられるようになりました

木村さん:
今まで、人前で何かを一生懸命やることや失敗することが嫌いで、「できないならやらないでおこう」と思っていました。スクールに通うようになってからは、みんなが頑張っている姿勢に刺激を受けたこともあり、自分に恥じることなく、一生懸命に頑張れるようになりました。
岩村さん:
スクールに通い始める前は、自分がやってみたいことだけを中心に行動していました。スクールに通うようになってからは、「自分にできることは何だろう」ということを考えて、1日1日を大切に過ごすようになりました。そうしていく中で自然と、社会人としての仕事に対する責任についても自分なりに考えられるようになりました。

ベーシックコースではどんなことを学びましたか?

広い視野で会社やエアライン業界のことを見つめることができた

大学や専門学校とスクールに通うことの両立は大変でしたか?

すてきな仲間たちに会えることがすごく楽しみだった

木村さん:
大学での研究の進み具合によっては、時間ぎりぎりになってしまい、大変な時もありました。
ですが、週に1回スクールに行って、すてきな仲間たちに会えることがすごく楽しみだったので、気持ちの面では全然つらくなかったです。
遠藤さん:
月~金曜日まで、専門学校での授業の後にスクールの授業を受けていたので体力的にはつらかったです。それでも、私以上にもっと頑張っている仲間がいたので、「こんなことでは負けていられない!」という気持ちで最後まで頑張ることができました。

アドバンスコースに通い始めた時と、終了した時の気持ちはいかがでしたか?

より積極的に行動し、自分自身の成長を確信させてくれた

岩村さん: 
ベーシックコースの時は、周りから学ぶ姿勢を大切にしていましたが、その反面、自分から発信することができず、「もっと積極的に行動すればよかった」という後悔もありました。
アドバンスコースでは、「授業の雰囲気づくりに積極的に関わっていこう」と目標を決めて日々の授業に臨み、修了スピーチの際に自分自身の取り組みについて発表しました。その時の講師方の講評は、自分自身の成長を確信させてくれるもので、就職活動の励みになったと思います。
手島さん:
私は、短期集中のベーシックコースだったので授業についていくのが少し大変だったのですが、学んだことを整理整頓しながら、また新しい知識を吸収したいと思っていました。
そこからアドバンスコースに進むことを決めたので、ずっとワクワクしていました。
アドバンスコースでは「私はANAのキャビンアテンダントになる!」という気持ちで授業を受けていたのですが、それ以上に一人の女性としても、人間としても大切なことを学ぶ機会が多く、日々の生活の面で役に立つことが多かったと思います。

アドバンスコースではどんなことを学びましたか?

自分の目指すCA像を具体的に思い描くことができた

木村さん:
はじめは主に社会人としての基礎を学んだのですが、アドバンスでは、よりキャビンアテンダントの実務に沿った内容を多く学ぶことができました。
現役のキャビンアテンダントである講師方の目の前で、実践的なことをさせていただき、授業を受けていく中で自分の目指すキャビンアテンダント像を具体的に思い描くことができました。
守屋さん:
アドバンスコースでは、自分自身の事、「自分らしさ」を知ることができたと思います。
面接対策のプログラムでは必ず録画をし、自分自身を動画で客観的に見ることで、自分のできていないところや強みを改めて知り、見つめ直すことができました。

スクールに入ってよかったと思うことは何ですか?

社会人としての生き方に関わる部分を自分自身で深く掘り下げて考えるようになった

岩村さん:
現役のキャビンアテンダントである講師に教えていただける環境が、すごくいい影響を与えてくれました。そのような環境のおかげで、それまでは遠い夢だった「キャビンアテンダントになる!」というゴールへ、強い自覚を持って本気で目指していけるようになりました。また、その先の社会人としての生き方に関わる部分を自分自身で深く掘り下げて考えるようになったことが、とても良かったと感じています。
手島さん:
温かい仲間や講師に支えていただきながら学べたことが、自分にとってすばらしい経験になったと思っています。私はスクールに入るまでは自分にまったく自信がなく、「この先どうしようか……」と悩む毎日でした。スクールに通い始めて、同じ夢を持った仲間が、自分では気付けなかった自分の長所に気付かせてくれたことがとても嬉しかったのを覚えています。現役のキャビンアテンダントである講師方や仲間からもらった言葉の一つひとつが、自分自身のモチベーションにつながりましたし、大事な宝物でもあります。

就職活動中、スクールで学んだことは役に立ちましたか?

自分の言葉として自信を持って発信できるようになりました

守屋さん:
授業の中でPDCA (計画を立て、実行し、評価し、改善していく)を常に繰り返し練習して取り組んでいたので、話せる内容のストックが増えていきました。そのおかげで就職活動の面接の場では、どんな質問に対しても、言葉に詰まることなく自然に答えられるようになっていたので、とても役に立ったと感じています。
遠藤さん:
プログラム全体を通じて、自分の考えを話す機会が多かったので、就職活動で話す力はとても役に立ちました。“相手が投げたボールに対して、いかにしてホームランを打つか”ということを日頃から自然に考えるようになったので、自分の言葉として自信を持って発信できるようになりました。

卒業生からのメッセージ

自分が変われる環境に飛び込んで欲しい

木村さん:
スクールで学ぶこと、得られることは、就職活動だけではなく、これからの一生の財産になることだと思います。その先の違う環境に向かっていくことはすごく不安かもしれないけれど、私はスクールに入って大きく変われたので後悔は一つもありませんでした。みなさんも勇気を持って頑張ってください!
岩村さん:
スクールに通い始めたばかりの頃は、自信が持てず落ち込むことも多かったのですが、講師方は親身になって、いつも一人ひとりを見てくださいました。そんな講師方がいたからこそ、真剣に自分と向き合えるようになり、少しずつ自信もついてきて、自分の成長に実感が得られたのだと思います。今はまだ不安で自信が持てなくても、ここにはすてきな仲間や講師の方々がいてくれるので、まずは一歩を踏み出すところから始めてみてください。
守屋さん:
ANAのスクールは、バックアップの体制が整っていると思います。講師の方は、現役のキャビンアテンダントでありながら、「ANAをどうしていくのか」といった人材教育のことまでを考えている方が多く、事務局の方も常にいろいろなことを考えてくださいます。その環境を生かして、授業以外でも好奇心を持って自分から積極的に動いてみてください。行動すればするほど情報も得られますし、いろいろなことを知ることができます。ただ単に受動的に授業を受けていては、そのままで終わってしまいます。ANAのエアラインスクールという整った環境の中で、自分はどうやって過ごしていくのか、ということを考えながら大きく成長していってください!
手島さん:
私は「キャビンアテンダントになりたいという夢を、夢のままで終わらせていいのだろうか……」と悩んだ時期がありましたが、諦めずに努力してきました。日々、支えてくれる家族や仲間、講師の方々に感謝をしながら自分に向き合い、見つめ直していくことで、「努力すれば叶う夢もある」と実感することができました。今、「自分には向いていないかも……」と悩んでいる方も、夢を夢のままで終わらせずに、ぜひ挑戦してほしいと思います。
遠藤さん:
私たちも最初はみんな不安を抱えながら授業を受けていましたが、自分自身の成長や変化に気付いた時はすごく嬉しく、自信が出てきました。一緒に頑張る仲間と、支えてくれる講師方がいてくれる環境の中だからこそ、自分の成長があるのだと思います。最初の少し不安な気持ちも大事にしつつ、勇気を出して「自分が変われる環境」に飛び込んでほしいと思います。
曽我部 葵さん
ANAキャビンアテンダント
(関西外国語大学 短期大学部)
浅間 可捺さん
ANAキャビンアテンダント
(同志社大学)
結城 麻衣さん
ANAキャビンアテンダント
(甲南女子大学)

スクールの受講を決めたきっかけは何ですか?

女性としても自己成長につながると感じた

曽我部さん:
キャビンアテンダントになりたいというのが子供のころからの夢で、その夢を夢で終わらせたくなかったからです。
また、就職活動を始めるにあたり、身だしなみ、立居振舞いなどを現役のキャビンアテンダントが教えてくださるのを知り、受講を決めました。
結城さん:
キャビンアテンダントになりたいという夢をずっと抱いていました。しかし、就職活動を控え、「どのように自己分析をすればよいだろうか」「企業研究はどうすればよいのか」など今、何をすべきなのだろうとわからずにいました。
そんな時、ANAエアラインスクールでの授業は自己と向き合う時間、立居振舞いの学びやANAの施設を訪問させていただくことができると知りました。就職活動のみならず、女性としても自己成長につながると感じたので、入講を決めました。

(スクールに通ってみて)講師の方の印象はいかがでしたか?

一人ひとりに対し、とても親身になって指導していただきました

曽我部さん:
身だしなみ、立居振舞いが美しくて私が想像していたベテランのキャビンアテンダントでとてもかっこいい講師だと思いました。
結城さん:
受講生一人ひとりに対し、とても親身になって指導していただきました。ANAで大切にしていることを身につけることができ、私は毎回講師の立居振舞いを注意深く見て真似してみることを心掛けていました。

授業の雰囲気はどうでしたか?

グループでいろいろな課題に取り組むことも多く、一体感のあるものでした

曽我部さん:
授業は先生が一方的に話をするのではなく、自分たちで考え助け合って考えたり、仲間と授業と休み時間の切り替えをきちんとしたので、集中して授業に取り組むことができました。
浅間さん:
授業はグループでいろいろな課題に取り組むことも多く、一体感のあるものでした。また授業の中で聞く講師の方の機内での体験談は興味深く、自分もキャビンアテンダントになった気持ちで聞くことができ、とても楽しかったです。

スクールに通う中で自分自身が変わったことはどんなことですか?

自分のことだけ考えるのではなく、お相手のことを考えて過ごすことができるようになりました

浅間さん:
お相手の立場に立って考えることができるようになったことだと思います。常に講師の方にお相手のため、お相手の立場にたって考えることの大切さを教えていただきました。私が日頃過ごす中で、自分のことだけ考えるのではなく、お相手のことを考えて過ごすことができるようになりました。
結城さん:
すべてが変わりました。立居振舞いや、お相手を思った笑顔、話し方を学び、普段から常に心がけてキャビンアテンダントへと近づけるように努力しました。キャビンアテンダントベーシックコースからアドバンスコースを通して、仲間や先生から刺激を受けて、より一層ANAのキャビンアテンダントになりたいという気持ちが強くなりました。「必ずANAのキャビンアテンダントになる」といつも強く胸に刻み、今できる目の前のことに全力で取り組むようになりました。

キャビンアテンダントベーシックコースではどんなことを学びましたか?

私自身の強み、弱みを知り、また、お相手の立場に自分を置き換えて行動すること

大学や専門学校とスクールに通うことの両立は大変でしたか?

先生、仲間とともに授業を受けられるのは私にとって楽しみでした

曽我部さん:
大学で1日授業の後、スクールに行くのは大変でしたが、先生、仲間とともに授業を受けられるのは私にとって楽しみでした。
浅間さん:
キャビンアテンダントベーシックコースは夏休みに通っていたので、それほど大変ではなかったです。アドバンスコースも18時からでしたので、大学の授業が終わってから通うことができました。
結城さん:
大学の課題もあり、大変な部分はありました。ですが、大好きなANAのスクールで憧れの現役キャビンアテンダントの先生から体験談を聞くことができる授業を受けることへの嬉しさと楽しさがとても大きかったです。

アドバンスコースに通い始めた時と、終了した時の気持ちはいかがでしたか?

自分に自信を持てるようになり、講師の方からもお褒めの言葉をいただくことも増えたと思います

浅間さん: 
通い始めた時は、キャビンアテンダントベーシックコースよりも講師の方も受講生の方も気合いが違い、焦ったり、ちょっと気おくれすることも正直ありました。そんなときは、周りの受講生の良いところをメモしたり、吸収できることはすべて吸収していこうという気持ちで臨みました。終わるころには、自分に自信を持てるようになり、講師の方からもお褒めの言葉をいただくことも増えたと思います。
曽我部さん:
通い始めたころは、不安しかありませんでした。しかし終了した頃は、ディスカッションや人前で話すことに慣れ、気づきの大切さも知り、自分自身に自信がつきました。

アドバンスコースではどんなことを学びましたか?

ディスカッションや仲間の前に立って話す機会が多く、自分の為になることが多かった

曽我部さん:
キャビンアテンダントベーシックコースで学んだことを基礎に、言葉遣いできちんとした日本語を学び、日本語検定を受験したり、ディスカッションや仲間の前に立って話す機会が多く、自分の為になることが多かったです。就職活動のサポートも丁寧にしてくださいました。またTAKEOFFシートを最大限に活用しました。
結城さん:
キャビンアテンダントベーシックコースで学んだマナーや立居振舞いにプラスしてお相手に気持ちや想いを伝える話し方を学びました。模擬面接やスピーチをたくさん練習し、「どのような順序で話せば伝わりやすいのだろうか」と考えたり、「自分の想いを伝えたい」と強く思うことで話すエピソードや志望理由と何度も向きあうことができました。アドバンスコースで学んだ「想いを伝える話し方」を本番でもできたことで、面接官の方に想いを伝えることができたと感じています。

スクールに入ってよかったと思うことは何ですか?

仲間とともに、同じ目標・夢に向かって切磋琢磨できたこと

曽我部さん:
仲間と共に、同じ目標・夢に向かって切磋琢磨できた事がとてもよかったと思います。先生が現役のキャビンアテンダントなので現場での出来事などを聞くことができて楽しかったです。また機内食工場へ行き、ANAエアラインスクールに通わなければできない体験ができた事です。
浅間さん:
キャビンアテンダントに必要なものは何かを現役のキャビンアテンダントの方々から学べたのはとてもよかったです。そして2つのコースを受講することで、私は自信を大きく持つことが出来ました。同じ夢を追う仲間を得ることができたことは、スクールならではのことでとてもよかったです。

就職活動中、スクールで学んだことは役に立ちましたか?

自信を持って面接に挑むことができました

浅間さん:
とても役に立ちました。授業で数多くこなしたグループワークにより就職活動では、グループディスカッションやグループ面接でも自信をもって取り組めましたし、何より自分がどのように周りから見られているか、立居振舞いや表情を意識しながら臨めるようになりました。
曽我部さん:
とても役に立ちました。身だしなみ、立居振舞いはもちろん、言葉遣いなど練習する機会があったのでよかったです。
結城さん:
スクールで学んだことは全て自分の力になりました。マナー、立居振舞い、面接練習やANA施設体験授業など様々なことを学んだからこそ今の私がいると感じています。面接前で緊張している時には、面接練習で言われた注意する点や今までやってきたことを思い出して、自信をもって面接に臨むことができました。

卒業生からのメッセージ

夢への第一歩を踏み出して、夢を叶えてほしい

浅間さん:
はじめは不安な気持ちでいっぱいでしたが、スクールに来ると同じように夢を追いかけている仲間と励ましあいながら乗り切ることが出来ました。後悔しないためにも、夢を最後まであきらめないで皆さんも全力でできることはすべてやってほしいと思います。
曽我部さん:
私はANAエアラインスクールに入るまで全く就職活動はなにをしてよいのかわからず、夢への第一歩として通いました。
スクールでは、同じ夢、目標に向かっている仲間とともに一生懸命取り組み、講師が一人ひとりに丁寧に指導してくださったので、私にとってとても充実した時間を過ごすことができました。スクールで学んだことは、日常生活で実践できるので、日々挑戦で楽しい日々を過ごせると思います。
また私がキャビンアテンダントの内定をいただけたのは、私の頑張りだけでなく家族やANAエアラインスクールの仲間、先生の助言のおかげだと思っています。
スクールに通ってからはとても充実した日々を送ることが出来ました。夢への第一歩を踏み出して、夢を叶えてほしいです。
結城さん:
私は、頑張れば夢は叶うということを経験することができました。スクールに通わせてくれる家族や周りの人に感謝して、今できることを一生懸命取り組んでみてください。経験した全てのことと努力は必ずキャビンアテンダントの道へとつながります。
これからスクールに入られるみなさんは同じ夢を持つ仲間にたくさん出会うと思います。共に頑張った仲間やスクールで学んだことは全て自信へと繋がり、就職活動中の心の支えとなります。キャビンアテンダントになりたいという強い想いを仲間とともに育み、夢をつかみ取ってほしいです。応援しています。

受講に関するご質問はこちら

お電話でのお問い合わせ
03-6700-0707
受付時間:9:00~17:00 (土・日・祝・年末年始除く)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせ
  • Travel&Life
  • ANA大阪航空株式会社
  • ANA CARD マイルプラス
  • 人とビジネスに。ANAの解決力。ANAビジネスソリューション株式会社
  • ANAビジネスソリューションの人材派遣・転職支援サイト 広げよう、可能性の翼。
  • ソラミテ