卒業生インタビュー

ANAエアラインスクールを卒業し、キャビンアテンダント・グランドスタッフ・グランドハンドリングスタッフへの道を歩み始めた卒業生に、
スクールで学んだことなどをインタビューしました。

近藤 快さん
ANA成田エアポートサービス
グランドハンドリングスタッフ
(北海学園大学)
四十澤 春樹さん
ANAケータリングサービス
総合職
(明治大学)
原 菜津美さん
ANAキャビンアテンダント
(横浜市立大学)
伊藤 梨紗さん
ANAエアポートサービス
グランドスタッフ
(上智大学)
奈良部 あかりさん
ANA成田エアポートサービス
グランドハンドリングスタッフ
(麗澤大学)
倉田 真悠子さん
ANAキャビンアテンダント
(上智大学)
児島 瑞貴さん
ANA成田エアポートサービス
グランドスタッフ
(國學院大學)

スクールを知ったきっかけと、入講を決めた理由を教えてください。

エアライン業界を目指す仲間とともに学べる

倉田さん:
同じ業界に興味を持っていた、サークルの友人に薦められて知りました。客室乗務職に憧れがあったので、実際に仕事をする上で必要なスキルや採用時にアピールできる自信をつけたいと思い、受講を決めました。
奈良部さん:
同じ業界に興味がある友人と話し合い、大学の講座を受講したのがきっかけです。
四十澤さん:
グランドスタッフとして、空港で働きたいと思っていました。説明会に参加しスクールの詳しい説明を聞けたことで不安が解消され、すぐに受講を決めました。

スクールで学んでから変化したことや、採用選考で役に立ったことは?

憧れの世界が、現実の体験に

原さん:
受講するまでは、客室乗務員を「憧れの対象」として見ていました。しかし、スクールで学んだことで、客室乗務員は「安全を守る存在」だと感じました。実際にANAで働く方々と交流し、生の声が聞けたことは、企業説明会では得られない経験でした。
伊藤さん:
グランドスタッフになりたいと思っていましたが、漠然とした憧れでしかありませんでした。実際に授業を受けたり、空港の実務体験を通して「ANAで働くということがどういうことか」が、具体的に見え、行動に移すきっかけになりました。

スクールの仲間との交流や学んだことは?

仲間がいることが刺激になり、支えにもなる

児島さん:
ANAエアラインスクールで知り合った仲間と就職活動中に集まって、エントリーシートの添削をし合いました。面接や選考が始まり不安になった時も仲間たちに相談することができ、無事に就職活動を乗り切ることができました。
倉田さん:
同じ志を持つ仲間がいることは、支えになります。また、一人では気付くことができない自分のことを、普段の私の姿を知っている仲間が教えてくれたことが、就職活動でも役立ちました。
近藤さん:
北海道では、短期のグランドスタッフ講座と、キャビンアテンダント講座を合わせて15人でした。少人数だからこそ、お互いに強い刺激を得ることができました。面接前にスクールの先輩からいただいたアドバイスや、同期と集まって面接の練習をしたことが、大変貴重な経験になりました。

グランドスタッフ講座の印象は?

一人では学べない、他では得られない経験

伊藤さん:
成田空港で実務体験ができたことが大きな経験になりました。実際に空港で「ANAの一員」としてみられるという経験は、他では得られません。海外からのお客さまも多く、とても緊張しましたが、「自分がやりたいことは、こういうことだ」と、具体的なイメージを掴むことができました。エントリーシートを書くうえでも、アピールポイントになったと思います。
児島さん:
スクールでは、仲間と助け合いながら講座を受けます。グループディスカッションなどの時間が多く、一人だけではできないことが学べました。

グランドハンドリング講座を受講した感想は?

プロの視点に触れることで、意識が変わった

奈良部さん:
通常は立ち入れないランプ(航空機が駐機する場所)に入れたことが印象に残っています。その時にプロフェッショナルだからこその視点を教えていただき、モチベーションにつながりました。
近藤さん:
実際にランプ内で、グランドハンドリングの仕事を見学することができました。展望デッキからではわからない声掛けや表情、細かい仕草まで、実際の仕事の様子を間近で見たことで、自分の意識が変わりました。プロフェッショナルゆえの安全の追求と妥協のない仕事。それは、想像を超えるものでした。

学内講座の印象は?

自分を客観的に見つめ直すことができる

倉田さん:
客室乗務職として必要なスキルや知識を学ぶことはもちろん、自分を客観視することができ、就職活動全体に役立つ心構えができました。通い慣れた大学で志を同じくする仲間ができたことは、大きな心の支えになりました。
奈良部さん:
学内講座では、顔見知りの友人が多くいたので、変に気を遣わず、自分の直したほうがいいところを、ダイレクトに伝えてくれました。馴染みある教室で同じ志を持つ仲間と切磋琢磨できるという、恵まれた環境だったと思います。

ベーシックコースから、アドバンスコースへ進級を決めた理由は?

学んだことを深め、本番に備えたい

原さん:
べーシックコースで得た知識を、より深めたいと思いました。面接練習では、自分の持っている想いをどう表現していくのかを、学びたいと考えました。
倉田さん:
客室乗務職、ANAという企業について、より深く学びたいと思ったからです。学んだ知識や「自分が考えたことを、どう伝えるのか」について、面接練習を通じて深められたと思います。

アドバンスコースで学んだことや、大変だったことは?

面接練習を通じ、表現力を身に付けた

倉田さん:
面接練習を通じて、どんな質問をされても、自信を持って答えることができるようになりました。しかし、それまでが大変でした。自分の想いやエピソードについて違う角度から質問されると、うまく答えられないことがありました。根気強く、何度も「なぜ」を繰り返していく練習が、その後の自信につながりました。
児島さん:
ベーシックコースで学んだことをしっかり定着させたいと考え、アドバンスコースの受講を決めました。より実践的な面接練習を何度も繰り返し、講師の方や仲間たちに見てもらうことで、自分を客観的に見直し、本番に生かすことができました。

採用選考直前対策講座(オプショナル講座)を受講した理由、感想は?

本番を何度も疑似体験することで、全てを出し切ることができた

四十澤さん:
ANAグループで、実際に面接官をされている方に模擬面接をしていただけるというところに、大きな魅力を感じました。1日でグループディスカッションを3回、個人面接を2回という実践的な講座のなかで、自分の受け答えの良い点と悪い点を教えていただきました。また、模擬面接を受けている自分の姿を映像を通じて、客観視することができたことも、自信につながりました。
原さん:
アドバンスコースを受講していたので、自分の考えや想いは固まっていました。しかし、面接に慣れていないことが不安だったので、直前対策講座を受講することに。私の場合は、想いが先走って言葉でうまく伝えられないことが多かったと気づきました。直前対策講座の模擬面接を繰り返すことで、伝えたい想いを言葉で伝えられるようになりました。
近藤さん:
仲間同士で何度も面接練習をしましたが、管理職の方との面接練習は緊張感が全く違います。本番の前に採用する側の視点を感じることができたことは、貴重な体験でした。自分がマイナスだと思っていた点が実はプラスだったこと、自分では気にしていなかったことが、マイナスポイントだったことを教えていただきました。直前対策講座で得た気づきを本番で生かすことができたと感じています。

内定者座談会(ソラカフェ)で印象に残ったことは?

目標を身近に感じることが、大きな刺激になる

四十澤さん:
先輩たちの手帳やメモを拝見させていただいたことが、刺激になりました。私の通う学部では航空業界を目指している仲間がおらず、情報がありませんでした。ソラカフェで、先輩のスケジュール帳を見せていただき、3月の予定が説明会の予定でびっしり埋まっていたのを見て、「もっと頑張ろう」と行動に移すことができました。
倉田さん:
とても話をしやすい環境で、自分が漠然と持っていた疑問に対して先輩たちが答えてくださったので、不安が晴れ、自分のやりたいことが明確になりました。実際にフライトをして得た経験や、楽しかったことなど、普段の業務について詳しく聞けたことが嬉しかったです。
伊藤さん:
大学でのソラカフェに参加しました。ご飯を食べながら、同じ大学の先輩にアットホームな雰囲気で話を聞くことができました。近い場所にいる先輩なのでエピソードも新鮮で、自分に置き換えて考えることができます。「この先輩のようになりたいな」と、目標に向けて努力する気持ちができたことが、大きな収穫でした。
奈良部さん:
私は自信がなく、話している時に黙ってしまうことが不安でした。先輩方からは「グランドハンドリングは、大きな声で自信を持って」、と教えていただきました。面接の前に、扉の前で緊張しているとき、「迷っても大きな声で話そう」と思いました。合格した方のアドバイスを実行したことは、自信につながりました。

スクール生限定の会社説明会の印象や、実際に採用選考で役立ったことは?

優先的に参加しチャンスが増える

原さん:
ANAグループ企業は志望者が多く、一般の説明会だと予約を取るのも難しいのですが、スクール生は限定の説明会に参加できることが大きなメリットです。また、受講している仲間と一緒に参加するので、緊張せずに質問をすることができます。スクール卒業生の方の話を聞くことができる説明会もあり、自分の未来の姿を想像することができました。
四十澤さん:
ANAグループには、たくさんの会社があることを知りました。航空業界というとCAのイメージが強いですが、他の職種やグループ企業を知ることができ、自分の可能性が広がりました。他の大学生が行くことができない、スクール生限定の説明会にも参加できるので、採用担当の方に顔を覚えていただくこともできます。私も積極的に質問して疑問を解消し、本番の面接に臨みました。
奈良部さん:
スクールでは、身だしなみも、姿勢も、お手本になるような仲間たちがいます。その雰囲気に慣れることで、自分のモチベーションを維持することができました。チャンスが増え、説明会に参加するハードルが低くなることは、大きなメリットだと思います。

どんなキャビンアテンダント・グランドスタッフ・グランドハンドリングスタッフ
になりたい?

今度は自分が目標にされる存在になりたい

倉田さん:
キャビンアテンダント(CA)
お客さまの安全を守るのは、大前提です。そして、お客さま全員に同じサービスではなく、一人ひとりに合ったサービスを提供できるようなCAになりたいです。そのために、色々な知識を身につけ、広い視野と冷静な判断ができるようになりたいと思っています。
原さん:
キャビンアテンダント(CA)
目標は、お客さまが話しやすく親近感の持てる客室乗務員です。お客さまに困ったことがあったとき、親近感のあるCAには何でも言うことができます。お客さまが感じる安心感が、安全につながると思います。
児島さん:
グランドスタッフ(GS)
私は、お客さまからだけでなく、仲間からも、「困ったときは児島に」と頼られるGSになりたいです。知識をつけて、「お客さまは何を望まれているのか」、「仲間は、何に困っているのか」を常に考えたいと思っています。お客さまに「またANAを利用したい」と思っていただけるGSになります!
伊藤さん:
グランドスタッフ(GS)
誰よりも、負けず嫌いのGSになりたいと思っています。先輩後輩を問わず、自分と隣の人を比較して、できることを増やしていきたい。それが、お客さまのためになると思います。常に成長し、向上心を忘れないGSになりたいです。
近藤さん:
グランドハンドリング(GH)
いつか、仲間やお客さまからも憧れていただけるような存在になりたいです。私がGHを目指したのは、GHの方が仕事をしている姿に憧れたからです。お客さまから常に見られていることを意識し、仲間同士でも切磋琢磨して常に成長し、目標とされるような存在になりたいです。
奈良部さん:
グランドハンドリング(GH)
GHは、お客さまと直接接することが少ない職ですが、自分やチームが一つひとつの仕事をしっかりとこなしていくことが、お客さまのためになることだと信じています。私は、今もっている初心を何年も持ち続けていたいと思っています。また、仲間から尊敬されるような仕事をしたいと思います。そのために、人一倍努力していく覚悟です。
四十澤さん:
ANAケータリングサービス(以下、ANAC)総合職
私は、飛行機に搭乗されるお客さまには直接会わない職種です。まずは、当たり前のことですが、挨拶を欠かさず、自分の担当業務をこなせるようになりたい。その次は、業務の改善点を見つけて、自分で変えていけるような存在になりたい。また、やりたい仕事を積極的にアピールしていきたいと思っています。いつか、「ANA FINDELISH」に携わるのが目標です。

総合職勉強会に参加した感想は?

勉強会に参加しなければ、今の自分はなかった

四十澤さん:
飛行機の近くで働きたかったので、総合職のことは調べていませんでしたが、この勉強会に参加したおかげで、ANAケータリングサービスを知ることができました。自分1人で得る知識には、限界があります。もし勉強会に参加していなかったら、今の自分はなかったと思います。

内定先を決めた理由

この人たちと一緒に働きたい!そう思えたところ

児島さん:
私が成田エアポートサービスに決めたのは、グランドスタッフ講座で実務体験をさせていただいたことがきっかけです。ゲート業務を見学しているとき、現役の社員の方々が、一つのフライトを安全に飛ばしたあと、「ありがとう」、「助かった」、「おつかれさま」と、無線で声を掛け合っている様子が強く印象に残りました。そして、「私もこのチームで達成感を共有したい。一緒に働いて活躍したい」と思いました。
伊藤さん:
たくさんのお客さまに出会える羽田空港で働きたいと思いました。羽田空港の第2ターミナルがとても好きだからです。飛行機が飛ぶ姿を見ているのが好きです。私も飛行機を安全に飛ばすことに貢献したいと思いました。
四十澤さん:
一番の決め手は、長く働くことができる職場だと思ったからです。その仕事のなかに「自分自身がやりたいこと」があるということ、そして、職場の人間関係が良好だということが大切だと考えました。私は、ANACの勉強会やインターンを経験するなかで、やりたいと思えることが見つかりました。また、ANAC で「御社の良い点は何ですか?」と尋ねたところ、多くの方々が、「人のいいところ」とおっしゃっていたことが決め手になりました。

卒業生からのメッセージ

同じ志を持った仲間と乗り越えた経験が、貴重な財産に

原さん:
航空業界は選考期間が長く、周りの学生が次々と内定をもらうなかで、焦りや不安を感じることもあると思います。そんな時、一緒にスクールで頑張ってきた仲間がいれば、乗り越えられると思います。
倉田さん:
ANAエアラインスクールは、航空業界を強く志望している方だけではなく、少し興味があるという方にもおすすめです。自分自身と向き合う機会を得ることが、就職活動だけでなく人生にも役立つと思います。今後、自分が社会でどのように貢献していきたいかが定まる、貴重な経験ができます。
伊藤さん:
同じ志を持った仲間と、切磋琢磨することができる環境です。ぜひ、最大限に活用してください。応援しています!
児島さん:
航空業界の選考は長く、不安だらけでした。私が乗り越えることができたのは、スクールの先生と仲間がいたからです。頑張ってください!
奈良部さん:
今思っている希望職種だけではなく、会社自体のことを知る貴重な機会です。視野が広がります。迷っているならば、勇気をもって一歩踏み出してください。
近藤さん:
このスクールでは、たくさん失敗を経験しましたが、その失敗が今の内定につながっていると思います。周りの仲間や講師の先生に刺激を受けて挑戦していくなかで、失敗と学びを得ることができます。
四十澤さん:
なにか困ったことがあったら、先生と事務局の方々に力を借りることが一番だと思います。不安なことがあったら、すぐに相談してください。それが、本番への準備となり、自信につながります。
溝口 佳菜さん
ANAキャビンアテンダント
(近畿大学)
圓本 遥菜さん
ANA大阪空港グランドハンドリング
(関西外国語大学)
内海 遥さん
ANA関西空港グランドスタッフ
(追手門学院大学)
安田 香菜子さん
ANA大阪空港グランドスタッフ
(関西大学)
幸 真莉亜さん
ANAウイングスキャビンアテンダント
(関西外国語大学)

スクールを知ったきっかけと、入講を決めた理由を教えてください。

小さいころからの夢を実現したい!

溝口さん:
幼稚園の時から抱いていたキャビンアテンダントになりたいという夢を実現したいと、2年次の秋に大学で開催された説明会に参加。エアライン業界や就職活動の対策に特化した内容でなく、社会人として働くための基礎を学べること、また自ら考えることを大切にされていることが他のエアラインスクールとは異なると分かり、入講を決めました。
内海さん:
3年次の秋に大学で開催された説明会に参加したことがきっかけです。自分にとって航空業界は憧れであり、遠い存在でしたが、講師の方のお話を聞いて、「何もせずに諦めるのは後悔する!」と思い入講を決めました。

スクールで学んでから変化したことや、採用選考で役に立ったことは?

自分の考えを自分の言葉で伝えられるように

溝口さん:
過去の失敗や自分の弱点はあまり振り返りたくないものですが、現在の自分を形成する一つの要素として前向きに受け入れることができるようになりました。またスクールの授業は自分の考えを表現し伝える機会が多く、自分について理解を深めることの大切さに気づきました。ですから、過去の行動を振り返り「なぜそのような行動をとったのか」「どのような思いだったのか」など徹底的に分析。その結果、自分自身で弱点と強みを理解できていることが心の支えとなって、自信につながり、面接でも落ち着いて自己表現ができたと思います。
幸さん:
日頃から姿勢、言葉遣いや周囲への気遣いを意識できるようになったことです。スクールでは面接練習の際、受講生同士がお互いの練習風景を見て、良い面や悪い面を指摘し合う環境があります。だからこそ、受講生の良いところを真似して、今度は自分もやってみようとすることで、より成長することができました。また、電車の中や学校内でも周囲を意識し自分の中の気づきを大切にするようにも。この経験があったからこそ、実際の面接では練習より緊張することなく、自分の言葉で自分らしく面接官とお話しすることができたと思います。さらに、エアライン受験ならではの質問にも、面接練習を積み重ねて対応できるようになったのもスクールのおかげです。
圓本さん:
講座を通して、常に自分の発言に対して、なぜそう考えたのかを意識できるようになったことです。実際の選考では想定外の質問を受けたり、自分の回答についてなぜそう思ったのかを聞かれる機会が多かったのですが、日ごろの習慣のおかげでスムーズに自分の考えを伝えることができました。

スクールの仲間との交流や学んだことは?

励まし合い、そして高め合える仲間との出会いは一生モノ

安田さん:
スクールの仲間とは授業だけでなく、プライベートでも定期的に会って、一緒に自己分析や企業研究に取り組みました。ずっと独りで考えるばかりではなく、スクールの仲間とお互いをアドバイスしあうことで、自分では気づかなかったことに気づくこともできました。また就職活動中はどうしても不安になりますが、仲間がいることで「不安なのは自分だけじゃない」と安心できますし、みんなで励まし合い「明日からもがんばろう!」と気持ちを高め合うことができました。
内海さん:
情報交換はもちろんのこと、同じ業界を目指している仲間の存在はとても励みになりました。時には厳しく、時には優しく励まし合い、同期としてまた友人として心強い味方ができたと思います。

グランドスタッフ講座の印象は?

お客様の心理を考えロールプレイで実践的に学べる

安田さん:
印象に残っているのは実際の場面を想定した、ロールプレイングによる実践的な授業です。3人グループに分かれ、お客様役とグランドスタッフ役に扮し、お手伝いが必要な方の対応をする練習をしました。相手がどんなことで困っているのか、どんな助けが必要なのかによって、対応の仕方が変わってくるので練習とはいえ緊張しました。終わった後は、現役のグランドスタッフの講師が的確にフィードバックしてくださいました。

空港実務体験で学んだことは?

空港で働く方々からの直接指導で、絶対ここで働きたい!と言う思いに

安田さん:
私はANA大阪空港の実務体験に参加しました。その中で学んだことは「失敗を恐れずに思いっきりやってみる」ということです。ロビーサービスの体験をさせていただいた際、「うまく対応できなかったらどうしよう」という不安から、積極的にお客様へお声がけすることができませんでした。その時、インストラクターの方から「最初からできないのは当たり前。とにかく思いっきりやってみないと何も始まらないよ」と少し厳しいお言葉をいただいたんです。実務体験生だからできなくてもよしとするのではなく、しっかりとサポートしてくださるインストラクターの熱い思いを感じました。その経験から「熱意ある先輩と一緒に、絶対にANA大阪空港で働きたい」という志望動機も生まれ、とても貴重な体験ができたと実感しています。
圓本さん:
実務体験前は、グランドハンドリングになりたいという強い思いはもちろんありつつも、本当にやっていけるのかという不安がありました。ですが実務体験で普段は立ち入ることができない場所に入り、多くの女性が活躍している姿を見て、実際に働くイメージを持つことができたんです。また直接お客様と関わることはなくても、常にお客様の事を考え、また働く仲間と協力し合いながら、一機一機飛行機を飛ばしている姿を見て、これまでの不安はなくなりました。改めて「ここで働きたい!」と強い思いをいだきました。

学内講座の印象は?

丁寧な指導で毎回の講座が楽しみなりました

幸さん:
私は一年次に学内講座に参加。就職活動を間近に控えた先輩方が多く参加していたためとても緊張しましたが、講師の方が毎回しっかりと自分に向き合ってモチベーションを高めてくださり、毎回講座に参加するのが楽しみになりました。

ベーシックコースから、アドバンスコースへ進級を決めた理由は?

採用選考本番に向けて、課題を克服。さらにステップアップしたい

溝口さん:
ベーシックコースを受講して、自分の課題として見つかったことは「自分を表現する力」。面接練習を通して、客観的にも自分自身を見つめ直すことができるアドバンスコースで少しでも改善したいという思いから進級を決めました。相手に伝えることは、決して就職活動のためだけに必要なものではなく、会社で仲間とともに働く社会人として大切であるため、受講してよかったと思っています。
安田さん:
アドバンスコースでは採用選考に向けて面接練習をしていただける機会がたくさんあると知ったことがきっかけです。ベーシックコースで学んだ、身だしなみや第一印象、話し方などを活かして、採用選考本番に向けて、さらにステップアップしたいと思い進級を決めました。

アドバンスコースで学んだことは?

現場で求められるリアルを知り、自分を見つめ直すことができた

幸さん:
ベーシックコースでお世話になった講師の方を見て、「私も絶対客室乗務員になりたい!」とより強い思いを抱くように。アドバンスコースではANAの現役社員の方々とお話しする機会がたくさんあり、社内の雰囲気を知ることができたのもよかったです。さらに面接練習を進めていく中で、自分がどんな客室乗務員になりたいのか、自分の強みをどのように活かすことができるのかなど、しっかりと見つめ直すことができました。
安田さん:
「自分の言葉で話す」ことの大切さです。面接では、相手によく思われたいという思いからかっこいい言葉を使いたくなってしまいますが、それでは本当に伝えたいことが伝わらないということを、アドバンスコースを通して実感しました。伝えたい気持ちを強く持ち、飾らず自分の言葉で素直に話すことが、一番相手に伝わることを学びました。

採用選考直前対策講座を受講した理由、感想は?

採用選考直前のアドバイスで準備を万全なものに

溝口さん:
これまでの努力をしっかりと発揮できるよう、より本番に近い形で面接の練習を行いたいと思ったからです。講座には本番の面接だという気持ちと緊張感をもって臨みました。少しでも不安材料があれば解消しておきたいと思っていたので、先生方からいただいたアドバイスはどれも貴重。実際の採用選考直前ということもあり、それをすぐに改善し、本番に活かすことができたのがよかったです。
安田さん:
採用選考本番までに、少しでも面接練習を重ねたかったという理由と、これまでたくさんの方の面接を行ってこられた面接官の方からフィードバックをしていただきたいという理由から受講しました。褒めるだけではなく改善に繋がるコメントが多かったので、「まだまだ頑張らないと!」と、本番前にもう一度気を引き締め、さらに自分を突き詰める良い機会となりました。

内定者座談会(ソラカフェ)で印象に残ったことは?

夢を叶えるためには、努力と熱い思いが不可欠ということを感じた

溝口さん:
どんな些細な質問であっても、先輩方は一つひとつ丁寧に答えてくださいりました。またソラカフェで得た情報や、経験談などのお話は就職活動を進めるにあたって不安材料を解消する大きな手助けに。さらに、熱心にお話をしてくださる先輩方の姿を見て、夢を叶えるまでに、どれほどの努力を重ねられたのかが伝わってきました。ですから、私も「迷ったらやる」をそれまで以上に徹底し、自分にできる努力は全てやり切るという強い意志を貫き続けたいと改めて思いました。
安田さん:
企業研究が上手く進まず困っていた時に、内定者座談会に参加。先輩方からアドバイスをたくさんいただくことができ、前に進むことができました。そして、先輩方は皆さん「最後は気持ち!絶対に入社したい!という気持ちが強ければ面接官は絶対に分かってくれる」とお話しされていたのがずっと心に残っていました。本番ではその言葉を思い返し、私も強い気持ちを持ち望むことができました。

スクール生限定の会社説明会の印象や、実際に採用選考で役立ったことは?

ANAグループすべての説明会に参加でき、企業研究に役立てられた

溝口さん:
ANAグループ各社やエアライン各社からお話を実際にお聞きできたことは、企業研究に役立てられただけではなく、エアライン業界全体の勉強になりました。多くの会社が支え合っているエアライン業界だからこそ、その中では自分はどのような役割を担いたいと思うのか、なぜその職種や会社を選んでいるのか再確認することができました。
幸さん:
日程や時間がいくつか用意されているので、自分のスケジュールに合わせてANAグループすべての会社説明会に参加することができます。また説明会終了後は個人的に質問を伺う時間が設けられていたため、聞き流したことや疑問に思ったことを全て解消できました。

どんなキャビンアテンダント・グランドスタッフになりたいですか?

お客様の思いを自分の心で感じ、言葉や行動で表現していきたい

溝口さん:
お客様が降機される最後の瞬間まで、精一杯心を尽くす客室乗務員を目指しています。私にとって心を尽くすということは、自分に何ができるかを見つけて行動することです。客室乗務員として、お客様の思いを自分の心で感じ、言葉や行動で表現することを大切にしていきたいです。時に失敗してしまうこともあるかもしれません。しかしそのような時でも、降機される最後の最後まで、自分にできることを考え行動に移して、誠心誠意を尽くすことのできる客室乗務員になりたいです。
幸さん:
キャビンで一人でも多くのお客様と接することで、気づきを行動に移し、ANAに乗ってよかったと少しで感じていただける客室乗務員を目指します。会社にとって一番大切なお客様と一番長く接するのが客室乗務員です。スクールで学んだ他部署の仲間の努力やサポートに感謝を忘れず、仲間と共にお客様にとっての最高のサービスを追求していきたいです。
内海さん:
周りに安心を与えられるグランドスタッフになりたいです。安心とは2つあると思っており、1つめは立ち居振る舞いなど外見から、2つめは経験を重ねることによる安心感です。これからも一つひとつ色々なことに興味を持ち、様々な経験を重ねて、お客様に安心感を与えられたらうれしいです。

卒業生からのメッセージ

自分と向き合う就職活動はこれからの自分の財産になります

溝口さん:
不安や自分の至らなさにも逃げずに真剣に自分と向き合った就職活動の時間は、私自身の大きな財産となりました。自分を理解することに最後まで諦めず取り組み続けた積み重ねは、自信にもつながりました。そのような結果が得られたのは、スクールで出会った先生方や仲間、家族の支えがあったからです。これから就職活動をされるみなさんも、不安に思うことは克服する努力をして本番を迎え、実りあるものにしていただきたいです。
幸さん:
就職活動期間中は辛いことも大変なこともたくさんありますが、一生懸命取り組めば、楽しかった思い出に絶対変わります。今は不安だと思いますがスクールで出会う仲間や先生に全部相談してみてください。必ず最後まで支えてくれます。
安田さん:
就職活動を通じて一番大切だと感じたことは「素直さ」です。採用選考では素直な気持ち、素直な言葉で一生懸命伝えれば、必ず相手に伝わります。そしてスクールでは、そのような素直な気持ちを引き出すため、授業だけではなく講師の先生方が何度も何度も親身に相談に乗ってくださります。これから就職活動を控える皆さんも、ぜひこのANAエアラインスクールで自分の素直な気持ち・言葉を見つけて、本番に臨んでみてください!心から応援しています。
内海さん:
初めから諦めず、まずは挑戦!が大切です。やらずして後悔するのではなく、やって後悔する方が良いと思いませんか。日々の挑戦が経験になり、プラスになることは間違いありません。また小さな積み重ねが大きな結果につながります。夢に向かって頑張ってください!
圓本さん:
就職活動中は辛いことがたくさんありましたが、そんな時には自分がグランドハンドリングスタッフになったらどんなことがしたいのかをいつもイメージするようにしていました。小さい頃から私にとって飛行機に乗ることはとてもワクワクする時間でした。それを次は受ける側ではなく、与える側としてたくさんの方にワクワクした気持ちをお届けしたい。それが私の航空業界を目指したきっかけです。皆さんも自分のやりたいことを叶えるために頑張ってください。応援しています。

受講に関するご質問はこちら

お電話でのお問い合わせ
03-6700-0707
受付時間:9:00~17:00 (土・日・祝・年末年始除く)
フォームからのお問い合わせ
お問い合わせ
  • Travel&Life
  • ANA大阪航空株式会社
  • ANA CARD マイルプラス
  • 人とビジネスに。ANAの解決力。ANAビジネスソリューション株式会社
  • ANAビジネスソリューションの人材派遣・転職支援サイト 広げよう、可能性の翼。
  • ソラミテ