スクールレポートSchool Report

学校展開2017/12/15 更新

受講生インタビュー③ 【東京家政大学 学内講座】

東京家政大学ANA エアラインスクール学内講座の受講生に、
スクールに入ったきっかけ、夢の実現に向け取り組んでいること等についてインタビューしました。

坂本さん(東京家政大学 人文学部3年生)

Q1.ANA エアラインスクールの受講を決めた理由は?
今年度から私の通う東京家政大学とANAエアラインスクールが教育連携協定を締結し学内講座が始まったからです。
受講が終わった後も、エアラインを目指す同じ大学の仲間と切磋琢磨し、お互いを高める事ができるのではないかと考えました。
また、現役の CA の方が講師をされているので、現場の声を聞き学ぶことができるのではないかと思い受講を決めました。

Q2.スクールで学んで、自分自身変化したことは?
学内講座で学んだ基礎知識をはじめ、現役CA 講師の方の機内でのエピソードから学ぶ事は多く、
より一層 CA になりたいという思いが強くなりました。
スクールで学んだ美しい立居振る舞いや言葉遣いを接客業のアルバイトで意識しながら実践して、
おもてなしを身につけるように取り組みました。
また、学内講座でグループディスカッションを重ねていくにつれて、積極性が身についたので、
大勢の前でも間違いを恐れずに、恥じらいを持つことなく発言できるようになりました。

Q3. 夢を叶えるために大学三年間で取り組んできたことは?
英語力を伸ばすため、TOEIC 対策や大学の英語授業の課題は熱心かつ丁寧に取り組んでいます。
また視野を広げていきたいので、なるべく多くの人に出会い、
いろいろなことを吸収できるよう積極的に仲間づくりに取り組んできました。

Q4. 学内講座で学んでどのような刺激を受けたか?
同じゼミの仲間が普段とは違う真剣な表情で学内講座を受講している態度がいい刺激になりました。
よく知っている友人だからこそ、積極的に情報交換をお互いの身だしなみや立ち振る舞いを指摘しあうことができました。
就職活動は仲間とチームで乗り越えていく必要があることを強く実感しました。
今回の学内講座をきっかけに、仲間を集ってエアライン勉強会を学内で立ち上げようと考えております。
自己分析、企業研究、面接練習、インターンシップや空港実務体験で得た知識などの就職活動全般に関する情報を共有したり、
深掘りしていくことを目的としています。
就職活動中は不安や孤独と闘うことになるかと思いますが、仲間が定期的に集まって不安や悩みを共有し、
励ましの声を掛け合うことができる良い機会になればと思います。

Q5.スクール東京校で学んでどのような刺激を受けたか?
様々な大学から同じ夢を持った学生が集まるので、たくさんの新しい出会いに刺激を受けました。
プログラムでは積極的に挙手をするなど、より主体性を磨くことができました。
そして、スクール東京校に行く度に毎回新しい学生に出会うため、初対面で関係性を築く練 習にも繋がりました。

  • Travel&Life
  • ANA大阪航空株式会社
  • ANA CARD マイルプラス
  • 人とビジネスに。ANAの解決力。ANAビジネスソリューション株式会社
  • ANAビジネスソリューションの人材派遣・転職支援サイト 広げよう、可能性の翼。
  • ソラミテ