スクールレポートSchool Report

インタビュー2018/09/05 更新

内定者インタビュー(ANAキャビンアテンダント内定)

ANAキャビンアテンダント内定!
奥原 梨花さん(学習院女子大学)

【受講コース】
●キャビンアテンダントベーシックコース
●キャビンアテンダントアドバンスコース
●TOEIC600点対策講座
●採用選考直前対策講座

1.入校を決めた理由
入校を決めた理由は2つあります。
1つ目は、就職活動が本格的に始まるまでに、自分の意見を持ち、美しい所作を身に付けたいと思ったからです。
部活動やサークル活動の中で自己分析を行うことはありましたが、“働くこと”と結びつけながら、自分の強みや弱みを考えることはありませんでした。同じ業界を目指す仲間と自分を比較しながら、自己分析を深めた事で、“仕事と自分の働き方”に対して意見を持つことが出来ました。
2つ目は、CAを憧れではなく、仕事として理解をした上で目指したいと思ったからです。小さい頃から「かっこいいCAさんになりたい」と思っていましたが、いざ就職活動が近くなり志望する理由を考えると1番に憧れが来てしまい、知識も理解も足りていない事に気付きました。このままでは、「なぜCAでないといけないのか」「どんなCAになりたいか」という自分なりの軸が定まらないと思い入校を決めました。授業では、保安要員としての働き方や、就職してからのキャリアプラン、どんな人になりたいかなど様々な方向から学びました。その結果面接では“憧れ”という言葉は使わずに自分の想いや働き方を話すことが出来ました。

2.学んだこと、刺激を受けたこと
就職活動だけではなく、働き始めてから5年後、10年後の自分のあるべき姿を考えることの重要性を学びました。
授業を通し、「CAになりたい」ではなく、「どんな働き方をしたいか」「人としてどんな人になりたいか」を考えるようになりました。また、保安要員としての責任や不規則な生活など本当に自分に務まるのかと悩んだ事もありました。講師に相談にのって頂き、理解をした上で覚悟を決めることが出来たので、就職活動中に軸がブレてしまうことや、自信をなくすことはありませんでした。

3.どのようなCAになりたいか
ANAだけでなくANAグループ会社の企業研究も進める中で、同じグループで働く方々が例え直接お客様と接することがなかったとしても、“お客様を想像して”仕事をされていることを学びました。
一機の飛行機の裏では沢山の想いや仕事がありますが、私はその想いを自分がCAになって伝えたいと思いました。
また、お客様一人ひとりの顔を見ながらその方にあった接客がしたいと思うようになりました。
この就職活動を通じて学んだこと、感じたことを忘れずに、ANAグループ社員の想いをお客様に届け、
責任を持ち続けるCAになりたいです。
そして長く働く上で、覚悟のある決断と行動ができるよう積極的に多くの経験を積み悩みながら成長をすること、
他の方の意見を受け入れて考えることを大切にしたいです。

4.メッセージ
スクールには、同じように努力をしている人が沢山いて、会うたびに刺激をもらっていました。
また就職活動中は、最後まで相談したり、励ましあったり出来る仲間がいた事が心強かったです。
大学の友達に相談したり、不安を話したりすることは出来ませんでしたが、いつもスクールの仲間と励まし合い不安を共有し、先生方に素直な気持ちを話し率直な意見を頂けたので、気持ちの面でとても支えられました。
就職活動は個人戦のような気がしていましたが、スクールに通って、仲間とともに頑張ろうと思えました。
これから就職活動を迎える方には、自分が働く姿を想像しながら、楽しみながら、就職活動を頑張ってほしいです。

  • Travel&Life
  • ANA大阪航空株式会社
  • ANA CARD マイルプラス
  • 人とビジネスに。ANAの解決力。ANAビジネスソリューション株式会社
  • ANAビジネスソリューションの人材派遣・転職支援サイト 広げよう、可能性の翼。
  • ソラミテ